人工知能が医療業界を変える可能性大

様々な仕事が、人工知能やロボットで済ませられるようになりました。
今では工場内に人がほとんどいないという事例も珍しいことではなくなってきています。
会話さえ人工知能を相手にすることができる時代です。
こうした時代にあっては、医療業界も影響を無視することはできません。
実際、すでに人工知能は医療業界の様々な場所で導入され始めています。
特に、複雑な計算が必要な場所ではその重要性が高くなりつつあります。
具体的に言えば、薬品の開発などに人工知能は使われ始めています。
がんの研究などのシーンでは、昔から分散コンピューティングという手法が研究に取り入れられていました。
そこに人工知能が加わったと考えれば分かりやすいです。
治療の方向性を決めたり、実際に手術をしたりすることはまだできていませんが、数年から十数年後には人工知能とロボットに治療をしてもらう未来がやってくるかもしれません。
そうなれば、医師不足の問題は解決しますし、医療費の増加も食い止められるかもしれません。